HSPさんの歩きかた~ばっしーのHSP考察コラム~

HSPをどう受け止めて歩いていくか。ビジネス系ライターによる考察コラムです。

HSPの超基礎-HSPと社会(前編)-

f:id:bashi_kurume:20200209143637j:plain


HSPについての基本的な特徴をシリーズでお伝えしてきました。

 

HSPの超基礎-HSPとは?-

HSPの超基礎-4つの特徴-

HSPの超基礎-HSPって生まれつき?-

 

ここからはHSPさんにさらに知っておいてほしい、とても大事なことをお話しします。

 

HSPさんと社会の関係です。

 

社会といっても、あまり難しくはしませんので構えなくて大丈夫ですよ 笑

 

今までの人生の答え合わせをするためにも大事なステップになります。

 

 

 

「多数決」と「普通の基準」

f:id:bashi_kurume:20200718182025j:plain

 

僕らが普段過ごしている「社会」という場所において、HSPさんはどのような扱いを受けがちなのか。ここを押さえておくことがとても大事です。

 

社会の作りというものは昔から決まっていて「多数決」で物事が決まります。これが大前提です。

 

多数決で色んなルールや習慣が作られていき、その結果を「普通」として基準が作られていきます。

 

会議のような場所でのしっかりとした多数決もあれば、「みんなやってるから」でぼんやりと習慣が作られていくレベルのものまで、あらゆる場所で「多数派に合わせる」という形で社会は回っています。

 

HSPさんは4~5人に1人の少数派です。つまり多数決では負ける側にいます。

 

HSPさんが当たり前に感じている感覚が、社会の中では「存在しないもの」のように扱われることがある。

 

それでいてHSPさんが社会に組み込まれたときには、目の前に「多数派の普通」の基準だけが用意されている。

 

その現実によってHSPさんが…

 

・社会の中でどんな扱いを受けてきたか

・その中でどんな考えを抱いてきたか

 

ここをよく理解していただきたいんです。

 

f:id:bashi_kurume:20200816124323j:plain
ばっしー

ご自身の過去も振り返っていきましょう…

 

よく言われてきた言葉

f:id:bashi_kurume:20200718182303j:plain

 

HSPさんはこんな言葉をかけられることが多くなかったでしょうか。

 

「考えすぎ」

「気にしすぎ」

「心配性」

「神経質」

「根性ない」

「甘い」

「体力ない」

「ビビり」

「弱い」

 

心当たりあるのではないでしょうか?僕は全部あります…苦笑

 

これも一つひとつHSPの特徴を指摘した言葉といえるかもしれません。

 

HSPさんの基準を「普通」として扱った結果、HSPさんの特徴は「~しすぎ」もしくは逆に「~が足りない」という評価をされがちなんです。

 

これらをその言葉通り受け取っていませんでしたか?

 

「どういうこと…?」

「言葉通り受け取る以外に何が…?」

「考えたこともなかったけど…」

 

そう思われる方もいるでしょう。ここに大変な危険がひそんでいます…

 

 

 

自己否定が強くなる

f:id:bashi_kurume:20200718182507j:plain

 

これらの言葉をそのまま受け取り続けると、こう考えるようになるのではないでしょうか。

 

「強くならなければ…」

「考えすぎないようにしなければ…」

「もっと気楽にならなければ…」

 

つまり「自分を変えなければ…」いつもこう思うようになっていく。

 

自分を変える方法をいつも探し続けている。これってどういう状態なのかというと、すべて「今の自分はダメだ」と言っているんです。

 

・普通の人 → プラスマイナス0

・自分   → マイナス

 

という形で無意識的に評価を下しています。

 

今の自分をひたすらに否定して毎日を生きている…

 

社会の仕組み自体が、HSPさんをそんな状況に追い込んでいる可能性があります。

 

f:id:bashi_kurume:20200816124323j:plain
ばっしー

…な、なんか悔しい!こんな中で今まで生きてきたのかー!!!

 

希望もくれる後編へつづく…

 

HSPの超基礎シリーズ記事>

HSPの超基礎-HSPと社会(前編)-

 

view raw