HSPさんの歩きかた~ばっしーのHSP考察コラム~

HSPをどう受け止めて歩いていくか。ビジネス系ライターによる考察コラムです。

「刺激に敏感」の「刺激」って何?

f:id:bashi_kurume:20200224114847j:plain


HSPに関する情報を本・ネットで読んでいると

 

「刺激に敏感なHSP

 

という表現をよく目にします。

 

この「刺激」は僕らが普段日常で使っている「刺激」とは意味が違うのをご存じでしょうか?

 

ここが誤解を生みやすいポイントでもある気がしています。

 

詳しく解説しますね。

 

 

 

2つのポイント

 

「刺激」とは、言い換えると「情報」といえます。

 

そして…

 

この「情報」がどこから来るものなのか。

 

この点に注目していただきたいんです。

 

 

①外部からの情報

 

一つ目は、とても分かりやすい「外部」からの情報です。

 

目から耳から鼻から…

人は五感であらゆるものをキャッチしていますよね。

 

これが代表的な情報です。

 

・目で感じる、光の明るさ…

・耳で感じる、人の声…

・鼻で感じる、花の香り…

・肌で感じる、服の感触…

・舌で感じる、料理の味…

 

すべて情報です。

 

これらをとても深く受け取ることで、「心地よいこと」も「心地よくないこと」もたくさんのことを感じ取っている。

 

この点は割とわかりやすい「刺激」だと思います。

 

 

②内部からの情報

 

問題はこの「内部」からの情報です。

 

これをきちんと押さえておく必要があります。

 

ふつう刺激とは外界から受けるものだと思われているが、カラダの内側から起こる場合(痛み、筋肉の緊張、飢え、渇き、性欲など)もあるし、記憶や空想、考えや計画などが引き起こすこともある。

 

出典:エレイン・N・アーロン著「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。」(ソフトバンククリエイティブ株式会社)

 

なんと

 

これらの「内側」から湧き上がってくるものもすべて「刺激」になりうるんですね。

 

一般的に「刺激」と呼ぶものと認識が違ってくるのはこの点です。

 

 

このように

 

HSPさんは、「外部から」「内部から」の情報を刺激として深く受け取って処理しようとします。

 

その刺激が多すぎて刺激過多になると、オーバーヒートの状態になり、疲れ果ててしまうんです。

 

気を付ける必要があること

 

HSPに関する知識を身に付けていくと、外部からの刺激に対するストレスを認識しやすくなり

 

「適切に刺激量をコントロールする意識が大切だ」と気づけるようになっていきます。

 

問題なのは、内側からの刺激に対する認識です。

 

ありがちなのは…

 

「今日は何もしていないのにくたくただな…」

 

という休日あるある。

 

この「何もしていない」は「行動」のことを指しており、実際は「思考」をはじめとして内側から沸き起こる刺激をずっと処理し続けています。

 

だから

 

「何もしていない」ように感じる日でも、しっかりと疲労感はたまっていくんです。

 

こんな自分を否定せずにしっかりと受け止めることが大事ですね。

 

何もしてないからと慌てて…

 

「休日なんだからどこかに外出しないと!」

 

と外に飛び出していくその前に

 

「何もしてなくても既に疲れているんだ」

 

ということを忘れないことが大事です。

 

f:id:bashi_kurume:20200816124323j:plain
ばっしー

休日のあの謎の焦り感が僕を外に連れ出してましたね…疲れてるのに…

 

 

 

まとめ

 

刺激とは情報のことである。

「外からの情報」「内からの情報」どちらも深く受けとっている。

内からの情報を処理する疲れを見過ごさないようにする。

 

こんな点を押さえておきましょう♪

 

自分の気質がどのような働きをしているのかを一つずつ知ることで、自分自身の扱い方がわかっていくような気がしますね。

 

 

<お知らせ>

HSPさんのメール相談窓口をつくりました

 

詳しくはこちらの記事で。

 

note.com

 

★2020年 HSPチャレンジ中です

 

f:id:bashi_kurume:20200627171347j:plain

「探求」×「解決」×「文化」

「オフィス秋晴れ」は、3つのテーマでの「HSP発信の本格事業化」に向けてチャレンジ中です。

詳細はコチラの記事で。

 

 

★著者発信一覧

ツイッター

当ブログ

note マガジン「HSPライターのここだけの話」

note マガジン「HSPさんのひといきタイム」

 

view raw