HSPさんの歩きかた~ばっしーのHSP考察コラム~

HSPをどう受け止めて歩いていくか。ビジネス系ライターによる考察コラムです。

【HSP・仕事】HSPさんにとって大事な「働き方」とは?

f:id:bashi_kurume:20200627151633j:plain

 

HSPさんと仕事について。

 

これは非常に奥深いテーマであり、社会人HSPなら誰しもがぶつかる大きな壁でもあるでしょう…

 

今回から、このHSP×仕事】について深く考察していきます。

 

f:id:bashi_kurume:20200816124323j:plain
ばっしー

ついにこのテーマを扱います!気合入ります!

 

 

 

職種を探していないか

f:id:bashi_kurume:20200606162440j:plain

 

生きていく上で欠かせない「仕事をする」ということ。

 

「仕事」は、人と人の間に立って人間関係をもって進めていくものですね。

 

そのシチュエーションにおいて、センシティブな感覚を持ち合わせたHSPさんが、仕事をする上で人知れず苦労をしてしまうであろうことは言うまでもありません。

 

HSPに関連する情報を検索してみても、「HSP×仕事」について語られたものは多く、多くのHSPさんが「答え」を求めているようです。

 

「今の仕事がしっくりこない…」

「人間関係のストレスがすごい…」

「もうここで働きたくない…」

 

そんな思いで情報を検索しているHSPさんの頭にあるのは…

 

HSPに合う仕事ってなんだろう?」

 

という疑問でしょう。

 

「適した仕事を選んで、適切に力を発揮しながら、スッキリ生きていきたい。」

 

と考えるのも当然のだと思いますが、ちょっと待っていただきたいんです…

 

HSP専門キャリアコンサルタントのみさきじゅりさんが、著書でこのように書かれています。

 

Webサイトを見ていると、「HSPに向いてる仕事は、クリエイティブな職種」という記事や書き込みを見かけることがあります。

しかし、私は正直なところ、「HSPには、○○という職種が合う」という書き込みを素直に受け入れられずにいます。

もちろん、その職種が合う方もいると思いますが、HSPといっても、いろいろな方がいます。

キャリアコンサルタントとして、1年で約400回以上のセッションを通じて、お会いしたHSPの方々の適性は、クリエイティブ系のお仕事以外にもたくさんありました。 

 

出典:みさきじゅり著「ささいなことに動揺してしまう敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本」(株式会社秀和システム

 

HSPに向いている仕事」という視点では、どうやらひとくくりにできないようです。

 

つまり…

 

HSPさんが働くことを考え直す時に、「職種」というのは最優先ではないかもしれないということですね。

 

 

カスタマイズしよう

f:id:bashi_kurume:20200606162553j:plain

 

じゃあ、仕事に思い悩んだ時はどう考えればいいのでしょうか?

 

大事なのは「何をして働くか」ではなく…

 

「どこで働くか」「どう過ごすか」を押さえた上で、「どう働くか」ということです。

 

自分に合った「場所」と「働き方」を見つけること。

 

ざっくりいうと、HSPさん専用にカスタマイズされた働き方」を見つけ出すこと。

 

具体的には…

 

●職場環境の見つめ方

●ストレス源の把握と対処法

●プライベートと仕事のバランスの考え方

●人からかけられる言葉の受け止め方

●業務上の出来事のとらえ方

●仕事仲間へのふるまい方

●気質の特性の活かし方

●克服が難しい苦手なことの避け方

●心が追い詰められた時の対処法  など

 

このようなひとつひとつを詰め合わせた…

 

HSPさん専用にカスタマイズされた働き方ノート」を作るようなイメージです。

 

これを自分の性格・特徴も加味しながら作り上げることができると、グッと働きやすくなると考えられます。

 

ここで、注意がひとつ。

 

私たちが社会の中で働いていると…

 

「社会人はこうあるべきだろ」

「会社員ならこうして当然」

 

という

 

「暗黙の了解」のような…

同調圧力」のような…

 

そんな考え方・言葉が充満していて、HSPさんはそのひとつひとつを深く受け取ってしまっていると思いますが…

 

これらの言葉は、一旦横に置いて考えるのがポイントです。

 

HSPさん専用にカスタマイズされた働き方」を考える上で、これらの「暗黙の了解」「同調圧力」が前提にあると非常に作りづらいんです。

 

一旦横に置いて、自由にルールをカスタマイズすることから始めます。

 

HSPさん自身が「自分にピッタリの働き方」を身につけると、その特性を生かした仕事ができるようになってパフォーマンスが上がり、結果的に周りにプラスの影響が出ることが十分考えられます。

 

蔓延する「暗黙の了解」「同調圧力」を一旦置いて、自分にも周りにもイイ影響を与えていける働き方を見つけていくことをオススメします。

 

 

 

まとめ

 

今回は「HSP×仕事」の第一回目ということで、超基本的な土台部分を考察してみました。

 

今後、不定期的にはなりますが…

 

HSPさん専用にカスタマイズされた働き方」のために必要な考察を、ひとつずつシリーズでお伝えしたいと思っています。

 

じっくりいくので「これが答えだ!」みたいなことはやりません。

 

こんな視点がある。

こんな可能性を考えてみよう。

 

そんな提案ができる考察をしていきます。

 

ちなみに「働き方」を考える上で、以下の記事でも大事な考え方をお伝えしていますのでご参照ください。

 

★「気にしすぎだよ」と言われた時の心構え

★自分の意見が無いと感じるのは本当か

★「やるべきこと」が片付かない理由

★HSPさんがぼーっとした方がいい理由

★HSPさんが「人に頼る」のが苦手な3つの理由

★HSPさんはリスク管理に強い

 

読んでいただいたすべてのHSPさんがスッキリ働けることを目指して…

 

f:id:bashi_kurume:20200816124323j:plain
ばっしー

体験談も織り交ぜながらお伝えしていきますので…「HSP×仕事」について深めて参りましょう♪

 

 

★2020年 HSPチャレンジ中です★

f:id:bashi_kurume:20200627171347j:plain

「探求」×「解決」×「文化」

「オフィス秋晴れ」は、3つのテーマでの「HSP発信の本格事業化」に向けてチャレンジ中です。

詳細はコチラの記事で。

 

 

★著者発信一覧★

ツイッター

当ブログ

note マガジン「HSPライターのここだけの話」

note マガジン「HSPさんのひといきタイム」

 

view raw